スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番ねずみのヤカちゃん

「番ねずみのヤカちゃん」
リチャード・ワイルバー 作
松岡 享子 訳
大社 玲子 絵
- 福音館書店

何が身を助けるかは、わからないもんだyeah.gif


○おはなし
 ドドさんとドドさんの奥さんが住む家には、お母さんねずみと、4匹の子ねずみが住んでいました。子ねずみのうち上の3匹はおとなしいのですが、4匹目のヤカちゃんだけは違っていました。いつも、どうしても、声が大きいのです。

 ある日、お母さんは、子ねずみたちに言いました。
「それぞれ一人で暮らしていくように。」
でも、大事なことがある、それは、トドさんたちに見つからないようにすること。」
 そして、「ねずみ捕りのわな」と、「猫」について、歌で子供たちに教えました。

 さて。子ねずみたちは、おかあさんの言いつけをしっかり守って、自分で暮らしていきました。 しかし、トドさん夫婦は、あまりに大きなヤカちゃんの声に気がつき、ねずみがいることを知ってしまいます。

 まず、トドさん夫婦は、
ネズミ取りをしかけましたが、失敗。
猫を飼いましたが、失敗。

 ヤカちゃんが、猫がいることをみんなに知らせたその夜のことです。
トドさん夫婦の家に泥棒が入りました。
それを見たヤカちゃんは、大きな声で言いました。
「ドロボー」
誰もいないのに大きな声がしたものだから、ドロボーはたまりません。
大急ぎで逃げて行きました。
 このことに、トドさん夫婦は喜び、それからは、毎日ねずみの穴の前に、チーズを置いてやることにしました。

 これで、ヤカちゃんたちは、食べ物の心配をしなくてよくなりました。
もちろん、それからもドロボーの番もしっかりしましたよ。
「番犬」ならぬ「番ねずみ」としてね。




 
 
  ○KABA
 ずっと読みたいと思いつつ、貸出中で読めなかった本です。

 我が息子クンの好きなアニメに「トムとジェリー」があります。このDVDは、遠出のドライブのお供。ストーリーも出てくる音楽も覚えてしまうほど見ていても、飽きないようです。ねずみのジェリーが宿敵猫のトムに負けていないところが、なんとも小気味よく面白い。
 そんな子供たちがきっと喜ぶであろうと、借りてきた本です。

 番ねずみとは? 「番犬」のねずみ版。
 ヤカちゃんとは? 「やかまし屋さん」だからついた名前です。
このお話。猫がヤカちゃんの声にびっくりして隠れてしまうところに、息子クン達は大喜びでした。それに、大社さんの描くヤカちゃんのお尻としっぽがかわゆいんです(中表紙も表裏ともにみると面白いですよ。)。ヤカちゃんは、ジェリーのように、息子クン達を楽しませてくれたようです。
 私は、お母さんねずみの歌をどう歌うか悩みました。ゆったり優しいメロディで…なんて思いつつ、なかなかうまくいかないものですね。息子クン達は、納得してくれたのかしら?


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

はなびやさんへ

我が家では、「フライドチキン小学校」を一章ずつ毎日読んでいて、その前に読みました。それでも私は疲れちゃったんですが、3冊はすごいですねー。

私の場合、歌は、♪もしもー私が~家を建てたなら~♪ていう昔懐かしい歌もどきとなっていたように思います(笑)

私も最近この本読みました。歌はどうやって歌ったらいいのか悩みました。
最初「番ねずみ」の意味がわからなくて、そういうねずみの種類かと思ったのですが、読んで納得しました。読んだ日は、この本の前に3冊ほど読んでのどが痛くなってきていたのですけれど、私が先を知りたくて最後まで読んでしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/300-1840745e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。