スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタさんからきたてがみ

「サンタさんからきたてがみ」 たんの ゆきこ 作
垂石 真子 絵
- 福音館書店

字は読めなくても宛名はわかるのさ。yeah.gif


○おはなし
 クリスマスの前日、ゆうびんやさんのねずみは、雪に滑って転んでしまいました。その時、配達する手紙がカバンから飛び出してしまったから大変。慌てて拾い集めましたが、一通、宛名が濡れて消えたものがありました。
 
 とにかく、他の手紙を配るねずみ。配達に行った先々の動物たちは、なんだか元気のないねずみのことが気になりました。

 森のはずれで、一通の宛名の消えた手紙を眺めるねずみ。そこへねずみを心配した動物たちが集まってきました。
 みんなで誰からきた手紙か確認すると、なんと差出人はサンタクロース!誰だろう?サンタさんから手紙をもらう人って。
 消えかかった宛名を見ながら、みんな自分ではないかとソワソワ。

 その時、くまにしっぽをふまれた ねずみが「いたたたたっ」と言いました。
 「そうだ。消えかかった宛名にある絵。これはねずみさんのしっぽだ。」
 見れば見るほど、消えかかった宛名の絵はねずみさんです。

 さて。早速みんなの前で手紙を見てみると、それはプレゼント配りの道案内のお願いでした。待ち合わせは、森で一番大きなもみの木の下です。急がないと間に合わない。
 ねずみはくまのコートのポケットに入れてもらい、さあ、みんなでもみの木へ急ぎました。そこには輝くもみの木をバックにサンタクロースが待っていました。

 しゅっぱーつ。
ねずみと動物たちを乗せたサンタクロースのそりは、ぐんぐん空高くのぼりました。
 無事みんなにプレゼントを届けたら、最後はねずみのお家へ案内。ねずみの郵便やさんも、サンタクロースからプレゼントをもらいましたよ。「らいねんもおねがいします」のお手紙と一緒にね。

全文を表示 »

スポンサーサイト

ルリユールおじさん

「ルリユールおじさん」いせ ひでこ 作・絵
- 理論社

あなたの手はどんな手ですかyeah.gif


 

全文を表示 »

どんぐりどらや

「どんぐりどらや」どうめき ともこ 作
かべや ふよう 絵
ー佼成出版社

どんぐり ぐりぐり♪ どら焼き食べたい!!!yeah.gif


○おはなし
 黄色い森の散歩道にお地蔵さまがありました。アキオは石の頭をぐりぐりなでました。おばあちゃんにいいことがあると聞いたのです。
 

かしゅり。


なにやら歌が聴こえてきました。

どんぐりどらやの どらやきづくり
おいしいどらやき つくりましょう


 アキオが近づいてみると。
どんぐりたちがどら焼きを作っています。

 生地をこねたら石の上で焼いて皮づくり。小豆と砂糖であんこを作ったら最後の仕上げ。どんぐり特製粒々あんこをふかふか皮にはさんで、おいしいどら焼きの出来上がり♪

 思わずアキオのおなかがなりました。
「いらっしゃいませーいくつご用意しますか。」
「ぐぐうー、ぐぐうー。」
アキオのおなかが返事をします。
どんぐりたちは、どら焼きを二つ用意してくれました。

 お代は、森で使えるもの。アキオは色とりどりの落ち葉を集めてきました。

 

あむん


アキオはどら焼きをひとつ口に入れました。うわっおいしい。

帰り道。アキオは、もう一つのどら焼きをお地蔵さまにお供えしました。

全文を表示 »

ぶたぶたくんのおかいもの

「ぶたぶたくんのおかいもの」土方 久功 作・絵
ー福音館書店

おっかいもの~ おっかいもの~♪yeah.gif


○おはなし
 「ぶたぶた ぶたぶた」と言うのが口ぐせのこぶた、ぶたぶたくん。本当の名前があったけど、おかあさんも今ではぶたぶたくんと呼んでいます。
 
 ある日おかあさんがぶたぶたくんにおつかいを頼みました。
「ぱん屋さんで ぱんを買って、やおやさんでじゃがいもと とまとを買ってきて。おかしやさんで好きなものを買ってきていいわよ。」
そう言って、お母さんはぶたぶたくんの首に黄色いリボンを結んでくれました。

 ぶたぶたくんの おでかけです。最初に着いたのは ぱんやさん。ぱんやのおじさんは、にこにこおじさん。ひとりで買い物に来たぶたぶたくんをほめてくれました。そして一番上等の顔つきぱんを、かごにいれてくれました。

 お次はやおやさん。やおやさんから、首に赤いリボンをつけた からすのかあこちゃんが出てきました。かあこちゃんもおつかいです。
 二人が挨拶をしていると、やおやの早口お姉さんが出てきました。出てくるなり、早口でぶたぶたくんに声をかけます。ぶたぶたくんは頭の中がぐるぐる回りながら、じゃがいものと とまとを買いました。

 それからかあこちゃんと二人でおかしやさんに向かいました。

ぶたぶた かあこお   ぶたぶた かあこお



 歌いながらおかしやさんに行くと、おかしやさんの ゆっくりおばあさんがゆっくり話しかけてきます。かあこちゃんは ちょこれーとを、ぶたぶたくんは きゃらめるを買いました。

 そこへ、首に青いリボンを結んだこぐまくんが現れました。
「早くお家に戻らなきゃ」とぶたぶたくんは言いましたが、このまままっすぐ行った方が近道だと、かあこちゃんとこぐまくんが教えてくれました。
 そして今度は3人で楽しく歩き出しました。

ぶたぶた かあこお   ぶたぶた かあこお
くまくま どたじた どたあん ばたん



 3人がおしゃべりしながら行くと、四辻へ出ました。
ここでお別れです。
かあこちゃんのうちは左へまがったほう、
こぐまくんのうちは、まっすぐ、
ぶたぶたくんのうちは右に曲がった方だと教えてもらい、わかれました。

 この道で大丈夫?心配しながら歩いていると、見覚えのある木が見えました。おかあさんがうちの前に立っています。

 ぶたぶたくんはおかあさんにかじりつきました。

全文を表示 »

たんじょうび

「たんじょうび」ハンス・フィッシャー 作・絵
おおつかゆうぞう 訳
- 福音館書店

幾つになっても、祝ってもらえるとうれしいです。yeah.gif


○おはなし
 今日はリゼッテおばあちゃんの76回目のお誕生日です。リゼッテおばあちゃんがお出かけすると、お留守番の動物たち、ねこのマウリとルリ、いぬのベロは、お祝いの準備を始めました。
 マウリとルリは、早速ケーキ作りに取り掛かりました。
 ベロは「おもいつき」を実行するために、庭にいるおんどりに声をかけました。「コケコッコー」と鳴いて、他の動物たち、めんどり6羽に、あひる7羽、ウサギ8匹やぎ1匹を集めてもらうためです。
 

 リゼッテおばあちゃんの誕生祝いのために、みんなで準備を始めました。
うさぎは76本のろうそくを買いに行きます。
めんどりは贈り物の卵を36個生みます。
おんどりは…木から林檎をもいでいます。
ヤギはテーブルに飾る花を摘みます。

 と、その時、何やら焦げ臭いにおいが。煙のもとは、かまどでした。ケーキが焦げていたのです。真っ黒焦げのケーキ。でも大丈夫。上から白い砂糖をたっぷりとかけましたから。



 夕方、疲れた帰ってきたリゼッテおばあちゃんは、家があまりに静かなので、動物たちに何かあったのではと心配になります。大急ぎでドアを開けると、そこには、素晴らしいお祝いの支度ができていました。

 (行儀よく椅子に座った動物たち。テーブルには、花々が飾られ、リンゴに1本ずつ明かりをともしたろうそくが差してあります。そして大きなケーキ。)

 「おたんじょうびおめでとう」
リゼッテおばあちゃんはうれしくて泣きました。

 さて。ごちそうが終わると、今度はお芝居。マウリとルリ、ベロがリゼッテおばあちゃんの昔の服を着込んでお芝居をします。
 
 そして、夜のおいわい。あひるの池に集まった動物たちは、テーブルにあったリンゴとろうそくを1つずつ持っています。暗い中にともる明かりは素敵なながめでした。これがベロの「おもいつき」でした。

 最後に。マウリとルリ、ベロは、リゼッテおばあちゃんを屋根裏部屋へ誘いました。そこには、かごに入ったねこの赤ちゃんたちがいました。
「これは何より素敵な贈り物」とリゼッテおばあちゃんは喜びました。

真夜中。みんな寝ているのに、かごの中の子猫が1匹起きています。何を考えているのでしょうね。




全文を表示 »

OLIVIA オリビア

「オリビア」イアン ファルコナー 作・絵
谷川 俊太郎 訳
- あすなろ書房

おませでクールyeah.gif


○おはなし
 子豚の女の子、オリビア。
オリビアは何でも上手。
周りの人をへとへとにするのが得意。

 朝の支度は時間がかかるの。耳にもブラシを入れなくっちゃいけないし、洋服選びは、全部試さないと、気がすまないから。

 
 オリビアは何でも上手。
そして空想が得意。
 
 海岸では芸術的な砂のお城が作れる。
 素晴らしい名画の前で自分のバレリーナ姿を想像したり、家の壁に名画を再現して見たりする。

 お休みの前にママはオリビアに言う。
「あなたのために、へとへとだわ。でも、あいしてる。」
オリビアも言う。
「そんなママでも、わたしもあいしてるわよ。」


 

全文を表示 »

雲のてんらん会

「雲のてんらん会」 いせ ひでこ 作・絵
- 講談社

空のキャンパスに雲yeah.gif


○おはなし
 空はに広がる雲の地図は、毎日描きかえられている。それは、さながら雲のてんらん会。

<雲のしっぽ><空のカーテン><空の階段><青のサンドイッチ>
<白い海><神様のおつかい><空の牧場><光のプランクトン>
<8月21日の地図><Sun Dogー幻日><村まつり><交響曲>
<泣きたい。><麦畑><そろそろおやすみ><雲のかくれんぼ>
<明日の約束>

これらのタイトルの付いた雲の絵が両ページいっぱいに広がります。


 

全文を表示 »

うさぎのルーピース

「うさぎのルーピース」 どい かや
- 小学館

自然に生きし者たちは、自然に還えるyeah.gif


○おはなし
 朝、起きるとうさぎが死んでいました。

 一体誰がこんなことをしたの?
ねこも、いぬも、やぎもとりも、自分ではないと答えます。

 埋めたあげようと、うさぎを抱いて外に出ると、ウサギはお日さまの光があたり、きれいなルーピースー色(鹿皮色)に見えました。

 何枚も何枚もうさぎの絵をかきました。
そして、埋めてあげました。

 ビオラとプリムラとわすれな草で飾りをつけて。

なんてきれい。

ルーピースーは、これから時間をかけて土にかえるだろう。そうしたら、その土で野菜を作ろう。そして、青空の下でその野菜をみんなでいただこう。

 そう考えると、うさぎのルーピースーがうらやましく思えました。

全文を表示 »

日本どんぐり大図鑑

「日本どんぐり大図鑑」徳永 桂子
- 偕成社

調べてみよう。眺めてみよう。yeah.gif


○内容
 日本で観察できるどんぐり全種の樹形・樹皮・花・実・葉・芽生えまでも、細密画で描かれています。
 ドングリの実と葉は、実物大で描かれているので、どんぐりの種類の探索に役立ちます。

全文を表示 »

こねこのぴっち

「こねこのぴっち」ハンス・フィッシャー 作・絵
石井 桃子  訳
- 岩波書店

くるっくるっ、かわいい子猫yeah.gif


○おはなし
 りぜっとおばあさんの家のいちばん小さな子猫、ぴっち。
他の子猫たち、ぐりぐり、ぐろっぎ、ばっちやみっちのように、いたずらをせず、じっとかごの中にいます。びっちは、他の子猫たちがしているようなこと、おばあさんの編み物をひっぱりまわしたり、ほうきによじ登ったりするようなことは、したくありませんでした。全然違う事がしたかったのです。

 裏庭にいる おんどり。なんてりっぱな歩き方でしょう。
おんどりになりたい。
ぴっちはおんどりのように2本足で歩き、餌をつつき、「こけこっこー」と鳴ける様になりました。
 でも、おんどりたちがケンカをしているのを見て、おんどりになることをやめました。

 はらっぱにいる やぎ。体は大きいですが優しそうです。
やぎになってみたい。
ぴっちは首に掛ける鈴を貸してもらい、角の代わりに、木の枝を2本、頭につけてみました。
 でも、おばあさんに乳を搾られるのを見て、やぎになることをやめました。

 またすぐにできたお友達は、あひる。あひるのように池で泳いでみたくなりました。ところが泳げないぴっちは、そのまま沈んで行きました。

 びしょぬれの ぴっち。仲良くなったうさぎ達と、うさぎ小屋に跳び込みました。夜になると、悪いけものたちが入れないように小屋は閉められてしまいました。
 寒くって震えるぴっちは、りぜっとおばあさんの家に帰りたいと「にゃお、にゃお」と鳴きました。その声は、りぜっとおばあさんには届かず、悪いけものたち、きつねやふくろうに届いたようです。金網のすぐそばまでやってきました。ぴっちはもっと大きな声で鳴きました。
 その声はいぬの べろに届き、ぴっちは、りぜっとおばあさんに体を拭いてもらい、やぎの乳をもらいました。

 次の朝。ぴっちは重い病気になっていました。
りぜっとおばあさんも、おとうさんおかあさんねこも、兄弟たちも、べろも、他の動物たちもみんな心配しています。

 1日1日よくなっていくぴっちが、お出かけできるように、べろたちは猫のかごで乳母車を作りました。

 あの怖い夜のことが忘れられない ぴっちのために、動物たちは庭でお祝いの会を開きました。
 ぴっちは他の子猫たちと、跳ねたり踊ったりしています。もう他の動物になることはやめることにしました。

 それから、りぜっとおばあさん手作りの、クリームたっぷりのったカステラをいただきました。
 もう、どこにも行くまい。ぴっちはそう思いました。

全文を表示 »

ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

「ゆかいなゆうびんやさんの
クリスマス」
ジャネット&アラン・アルバーグ
 作・絵
佐野 洋子  訳
ー 文化出版局

懲りまくりのクリスマスカードyeah.gif


○おはなし
 クリスマスイブ。
ゆかいなゆうびんやさんが、おてがみを配ります。

[宛名の書かれた封筒の中に、さまざまなものが入っています]


  配達先は、
「もりのなか 4匹ぐまロッジ」のあかちゃんぐまに、クリスマスカード。差出人は、ゴールディロック。


「おにわこみち・おあそびごや」の赤ずきんちゃんに、すごろくゲーム。差出人は、おおかみ。


「こまどり記念病院・ほかほか病棟」のハンプティ・ダンプティに、ジグソーパズル。差出人は、王さまのけらい一同、うま一同。

「おもちゃまち小指通りビスケット箱」のしょうがパン坊やに、本。差出人は、父さんとパト菓子店一同。

「おおかみあな」のおおかみには、「おおかみ発見ガイド」。差出人は、赤ずきんちゃんとおばあさん。

 最後はサンタクロースの仕事場に、子供たちのてがみをどっさり。
そして、ゆかいなゆうびんやさん、サンタさんから手紙をもらった。
それは、のぞき絵てがみ。

 外はどっさり雪が積もっている。でも大丈夫。サンタクロースにそりで送ってもらったから。
 
 温かな暖炉のそばで、ほっと一息ゆうびんやさん。
みなさん メリー クリスマス。

 

全文を表示 »

悲しい本 SAD BOOK

「悲しい本 SAD BOOK」マイケル・ローゼン 作
クェンティン・ブレイク 絵
谷川 俊太郎 翻訳
- あかね書房

他の誰のものでもない わたしの悲しみyeah.gif


○おはなし
一人の男が、自分の悲しみと向かい合う。

 最大の悲しみ。
それは、息子エディが死んだこと。
身体中、どこもかしこも悲しい。

 誰かに話したい。
ママに話したい。
だが、ママはもう、ここにはいない。

 

誰にも、なにも話したくないときもある。
  誰にも。どんなひとにも。誰ひとり。
     ひとりで考えたい。
私の悲しみだから。ほかの誰にものでもないのだから。



 悲しみをやり過ごそうと、いろいろとやってみる。
でも、うまくはいかない。

 悲しみについて書いてみる。
すると、わかった。
ここにいたくないという事が。
消え失せてしまいたいという事が。


 しかし。
私は気付く。
自分がいろいろなものを見ていることに。
そうして、思い出す。
ママのこと、エディのこと。そして誕生日。みんなの誕生日。
誕生日おめでとうで始まる何もかも。
 そこには、ろうそくが必要だ。
ろうそくがなくてはね。



全文を表示 »

10ぱんだ

「10ぱんだ」岩合 日出子 作
岩合 光昭  写真
- 福音館書店

あなたはどのパンダ?yeah.gif


○おはなし

らくらく きのぼり 1ぱんだ


木登りは大得意。

のはらで のんびり 2ぱんだ


クローバーの上で、寝転がって。

みみをすます 3ぱんだ


何の音?

おしくらまんじゅう 4ぱんだ
ひなたぼっこの5ぱんだ



ページをめくるごとに、ぱんだの数が増えて行く数え絵本です。
眠っているぱんだ、食事中のぱんだなど、
色々な姿のぱんだに出会える、写真絵本です。


全文を表示 »

ふしぎなナイフ

「ふしぎなナイフ」 中村 牧江 , 林 健造  作 福田 隆義 絵
- 福音館書店

予想を裏切られ、はまるのですyeah.gif


○おはなし
 何の変哲もないナイフが1本。。木のテーブルの上に置かれています。
 ページをめくると。このナイフが変化します。さまざまな形に。

「まがる」「ねじれる」おれる」「われる」「とける」「きれる」

さらに
「ほどける」「ちぎれる」「ちらばる」
「のびて」「ちぢんで」「ふくらんで」

最後のページでは、
膨らんだナイフが破裂します。

全文を表示 »

ハーニャの庭で

「ハーニャの庭で」 どい かや
- 偕成社

じっと、目を凝らして
じっと、耳を澄ましてごらんyeah.gif


○おはなし
 ねこのハーニャは、山の途中の小さな家に住んでいます。小さな家には、裏山と斜面に挟まれた小さな庭がありました。

ハーニャやお家の人たちのほかに、この庭には、さまざまな小さい生き物たちが住んでいます。そして、たくさんのお客さんもやってきます。

 じっと目を凝らして、じっと耳を澄ませば、そこで起こるいろいろなことが見えてくるでしょう。

 1月。
地面の下には、虫やかえる。雪の上の足跡は、しか?
ハーニャは寒いので家の中。

 2月。
天気の良い日はハーニャは日向ぼっこ。
てんとうむしも顔出した。
どこからか迷い猫がやってきました。
トーラと名付けられました。

 3月。
黄緑の葉・木々。もうすぐ桜も咲くでしょう。
つばめがやってきました。

 4月。
あちこちで花が咲き、ちょうちょが飛びかいます。
お家の人は夏みかんのジャム作りで大忙し。

 5月。
草の背丈がぐんと伸びて、のうさぎの姿を隠しています。

ハーニャはお母さんになりました。
スミレ、ナズナ、ポピー。
子猫たちの名前です。

 6月は、雨ばかり。
でも、草花やあまがえるはうれしそう。

 7月。
朝もやの中、はすの花を見るのが、ハーニャのお気に入り。

 8月。
日陰でお昼寝。夕方から散歩します。

 9月の嵐。
コナラのどんぐりが屋根に落ちます。

 10月。
実りの秋。さつまいもや落花生を収穫します。

 11月。
落ち葉のじゅうたん。
にわとりの夫婦が庭に仲間入り。

 12月。
虫やかえるは冬ごもり。
冬の白い景色はハーニャのお気に入り。
 

 出会えないことも多いけど、庭にはたくさんの生き物が住んでいて、たくさんのお客さんがやってくる。旅の途中で通り過ぎるものもいる。
 ハーニャのお母さんの言葉。子猫たちにも話してやろうとハーニャは思いました。

全文を表示 »

ドラえもん学習まんが 脳のはたらき

「ドラえもん学習まんが
 脳のはたらき」
- 小学館

国民的キャラはすごいyeah.gif


○おはなし
脳のしくみとはたらきを、ドラえもんたちと一緒に知ろう。古い脳と新しい脳、右の脳と左の脳のちがいなどおもしろい話題でいっぱい。

全文を表示 »

おとうとなんかイヌならな!

「おとうとなんかイヌならな!」
キャロル・ディゴリー シールズ 作
ポール マイゼル 絵
久山 太市 訳
- 評論社

兄弟は、いればうるさく、いなけりゃさみしいyeah.gif


○おはなし
 積木にブロック、車のレール、いろいろ使って組み立てたおもちゃ。さあ、いよいよ完成。ぼくがそう思った時。
 弟のアンディが壊しちゃった。

おまえなんかイヌならよかったんだ!



イヌなら。
ボーンキャンディとか、ボールとか、おもちゃを買ってあげる。
だからぼくのおもちゃは触らせない。
イヌなら。
番犬になれるよ。
家を守ってね。その間、ぼくはママと二人でお出かけ。
イヌなら。
食事の時にテーブルを汚せない。床で食べるんだぞ。



外に犬小屋を作ろう。泣き叫ぶのを聞かなくて済む。おむつもしなくっていいよ。好きなだけ庭で遊べばいい。

病気の時は獣医さんに注射してもらえば済む。
家族旅行はイヌのホテルでお留守番すればいい。

いろんなこと教えてやるよ。
おて、おすわり。
イヌのコンテストに出れば一等賞さ。そうしたら、だれかがおまえを買ってくれるよ!

バイバイ、アンディ。

やっと静かになった。
…………………………。
静かすぎ。

やっぱりおまえはぼくのイヌだから、
ぼくがかわいがってやるよ。
まるで、

ぼくの だいじな かわいい おとうとみたいに。

全文を表示 »

おなかのすく さんぽ

「おなかのすく さんぽ」かたやま けん 作・絵
-福音館書店

あふれる生命力yeah.gif


○おはなし
 真っ白いシャツを着て歩くぼく。水たまりで遊ぶ動物達。
「いれて」て言っても返事はない。
それならぼくも、バチャバチャバチャン。
みんなも一緒に、バッチャンバッチャン。

 ぼくは、泥んこでおまんじゅう作り。
ねずみが、そのまんじゅうを動物たちに配る。
 
 くまが掘った穴の中で、まあるくなって。
山をかけのぼり、洞くつ探検。
坂道は、ゴロゴロ転がり落ちて。  みんな泥んこ。

 今度は裸で川遊び。
ところがくまが「きみ おいしそうだねえ。」て言いだした。
「なめていい?」ペロリ、ペロリペロリ。
「ちょっとかんでいい?」動物たちがそーっとぼくをかむ。

 グーグーグー。おなかの音が鳴りだした。
グー。
ぼくのおなかも鳴りだした。

おなかが鳴くから、かーえろ。

全文を表示 »

えんまとおっかさん

「えんまとおっかさん」 内田 麟太郎 作
山本 孝 絵
- 岩崎書店

見かけ倒しのさびしんぼうyeah.gif


○おはなし
 閻魔には、両親はいません。この世に最初に生まれて亡くなった人間だからです。それだけに、母を恋しがる思いは人一倍です。
 ある日鬼どもが引っ張ってきたばあさんが、日頃閻魔が思い描いているおっかさんそっくりでした。

 (おっかさんを地獄に落としたくはない。)
そう考える閻魔は、何とかばあさんを救ってやろうと、
「悪いことはしていないだろう?」と、猫なで声で尋ねます。

 しかし、このばあさん。人殺し百人、だまして金儲けしたのは五百人、死人から金を盗んだこともあると、言います。

 自分のおっかさんみたいな人を地獄に落としたくない。

 閻魔は必死で阿弥陀様を拝みました。
すると、阿弥陀様は、ちろり舌を出されました。

 閻魔は鬼どもに命令しました。
「うそつきばばあは地獄に落とし、舌をぬけ」

 ばあさんは2枚舌のうちの1枚をぬかれました。そして、明日はたまたま盆の16日で地獄のふたが開き、現世に戻ることとなりました。

 舌は1枚。ばあさんは誰より正直に暮しました。

全文を表示 »

おきにいり

「おきにいり」 田中 清代 作・絵
- ひさかたチャイルド

あなたのお気に入りは?yeah.gif


○おはなし
 ぼく、たむ。
水色の魚の着ぐるみ、これはお母さんが作ってくれた。ぼくのお気に入り。
 今日は、ぼく、ピチピチの魚になって、
「いってきまーす」
ぺたぺた、歩く。

 途中で、ねこや近所のおばちゃんたち、いつもこわーいがみがみ爺さん、まあちゃんに会った。
 ネコは、塀から落っこちて、おばちゃんたちは何やらコソコソお話。がみがみじいさんは、にこにこじいさんになっちゃった。まあちゃんはびっくり泣き出した。

 あれ、雨。
そこへ、大きなスマイル口の傘がやってきた。
なんだ?
と、思ったら、
なあんだ、おかあさん。

おかあさんと幼稚園へ。
どきどき どきどき…。

みんなのお気に入りになった。



全文を表示 »

これが絵本の底ぢから!

「これが絵本の底ぢから!」谷地元 雄一
- 福音館書店



 元保育士、そして現在児童クラブを運営している谷地元さんの本です。「図書館で昼寝」のブチョロビッチョロさんが紹介されていて、興味があって読んだ本です。
この本を一言で紹介するならば、生活の中にある絵本の面白さが描かれています。
 「生活の中にある絵本」。
ある時はお月さまを見て。
ある時は、河原での遊びで。
またある時は、子犬の誕生で。
あらゆる子どもたちの生活の場面で、絵本のお話が溶け込んでいるのです。
 例えば、お月さまを見て。
筆者の息子さんは、おつきさまに「こんばんは」と挨拶をしてニャーと猫の鳴きまね、そしてアカンベーをします。これは、絵本「おつきさまこんばんは」を見たことから出た息子さんの行動なんですね。

「底力」という言葉は、この筆者にピッタリくるなっと思います。生命力を感じる筆者です。自分を見つめ、そこから湧き出てくるエネルギーを子どもとの生活の場でさらに高めていっているように思います。子どもとの遊びも生活も一緒に楽しまなくっちゃっていう姿勢。そんなものが感じられた1冊です。

 「本を読む」。
このことは「実生活が豊か」であるからこそ、生きてくる。五感をフルに使って実生活を豊かに過ごしてこそ、お話の世界を楽しめる。そんな話を聞きました。
まさしくその通りなんだなーってことが、この本から伝わってきます。筆者はまさしく五感をフルに使って生活している人ですものねー。
 お話を聞かせればいい。絵本を与えればいい。それだけでいいわけではないことが、体験談から書かれたこの本からひしひしと伝わってきました。

 私も、子供のつぶやきを逃さずキャッチできるアンテナを張り巡らせていたいな。

 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ

花さき山

「花さき山」斎藤 隆介 作
滝平 二郎 絵
- 岩崎書店

花が咲く理由。山ができたわけ。それは、一つ一つ違う。
ただ、同じなのはそこに優しさがあるのだ。yeah.gif


○おはなし
 祭りの御馳走のための山菜を採りに、山の奥へ奥へと入ったあやは、辺り一面に咲く花々を見つけ驚く。そこに立つ山姥がその花が咲くわけを話してくれた。
 優しいことをすると花が咲く。
妹が祭り着を買ってほしいとせがんだ時、あやは我慢した。そして赤い花が咲いた。双子の兄が、弟が乳を先に飲むのをがまんして待っている。そして、露にぬれた青い花が咲こうとしている。
 優しいことをすると花が咲く。
 命をかけてすると、山が生まれる。

 家に帰ったあやがその話を家族にしても誰も信じない。再び行こうとしても、花咲き山は見つからない。
 ただ。何か一つ、優しいことをした時に、今花が咲いたな、とあやは思った。


全文を表示 »

動物会議

「動物会議」エーリヒ・ケストナー 作
イェラ・レープマン 原案
ヴァルター・トリアー 絵
池田 香代子 訳
- 岩波書店

だらだら話し合うより、出来ることがあるyeah.gif


○おはなし
 第2次世界大戦後、各国の首脳たちは世界平和のために何度も国際会議を開くが、話し合いは決裂に終わってばかり。

 北アフリカのチャド湖のほとりで、ライオンのアーロイスと、象のオスカル、キリンのレーオポルトは、そんな人間たちを憂いでいた。
 『子どもたちのために』するべきことは、そんな話し合いではないはずだ。

 象のオスカルは考えた。「動物会議を開こう」
それぞれの動物の代表が選ばれ、動物ビルに集合し、会議を開くのだ。自分たちなら、ちゃんとした会議が開けるはず。
 
「今日からきっかり4週間後、動物ビルで会議があるぞ」
連絡係によって、この内容は伝わった。町や村を。森を林を。荒野を草原を。そして北極を。沼や池も、駆け巡った。
 空では、ツバメが電線を使って連絡した。伝書鳩が首に小さなカプセルを下げて飛んだ。
 オーストラリアでは、カンガルーがおなかのポケットに手紙を入れてジャンプした。
 海底では、タコが墨を吹いて水中に字を書いて知らせた。
 カブトムシやテントウムシ、カエルにも伝わった。
 のんびり屋のカタツムリにも伝わりそれを聞いたミミズのフリードリーンが、地球の反対側の動物に知らせようと土の中に潜っていった。

 どれぞれの動物の代表が、蒸気機関車、汽船、クジラ、飛行機に空飛ぶ絨毯に乗って動物ビルを目指していった。
 北極の動物たちは氷山に乗って行ったが、あいにく氷山が溶け始め、危うくのところを捜索機に発見された。
 
 世界一ヘンテコな世界一大きな動物ビルに、次々と動物たちがやってきた。動物会議は、87回目を数える国際会議と同じ日。そして、最初で最後の動物会議だ。

 『子どもたちのために!』と書かれた幕を掲げ、動物会議は始まった。その様子は国際会議室に中継されていた。
「国々の境を飛び越えてください」白クマのパウルの発言を良しとはせず、人間は、プンプンミュラー将軍によって動物会議に抗議文を出した。「口出しをするな」と。

 どうすればいいか。名案は、ミッキーマウスによって出された。
 次の朝。国際会議が開かれているケープタウンの大会議場にたくさんのネズミが押し掛け、書類という書類を残らずズタズタにした。
 ライオンのアーロイスは言った。
「書類があなた方の分別の妨げとなっていたのだから。『子どもたちのために』」

 しかし、すべての書類はプンプンミュラー将軍によって、コピーしたものが届けられた。プンプンミュラー将軍はプンプンミュラー元帥となった。

 動物たちはうんうん考えた。「問題は書類と制服を着た連中だ」そこでカンガルーのグスタフが思いついた。

 会議3日目の朝。ケープタウンの大会議場に洋服を食べるガの一種、イガの大群が押し寄せた。軍服の人々は、プンプンミュラー元帥も、制服を食べられ、とんでもない格好になった。世界中の制服が無事ですまなかった。イガは、世界中に飛んだのだ。

 しかし人間は動物たちの要求を断固拒否した。

 会議4日目の朝。とんでもないことが人間に起こった。すべての子供が、地上からいなくなったのだ。ケープタウンの会議場の前には絶望した人たちが詰めかけた。
 象のオスカルが声明を発表した。
「子どもたちの未来を政治家に任せられない。『子どもたちのために』子どもの未来をぼくたちが引き継ぎます。政治家たちが分別ある政治をすると約束しない限り、親は子供たちに会えないでしょう。」

 政治家たちは、オスカルたちの出した制限時間ぎりぎりに、条約に調印した。

 

「われわれ、地球のすべての国の責任ある代表者は、生命財産にかけて、以下ことを実行する義務をおう。
1 すべての国境の標識を警備兵は、これを排除する。もはや国境は存在しない。
2 軍隊およびすべての銃や爆弾は、これを廃棄する。もはや戦争は存在しない。
3 秩序維持のために不可欠な警察は、弓や矢を武器とする。警察は主に、科学と技術が平和のためにのみもちいられるよう,これを監視する。もはや人殺しのための科学は研究されない。
4 役所、役人および書類保管庫は、どうしても必要な最小の数にまでこれを削減する。役所は人間のためにある。その逆ではない。
5 これからは、教師が、最も高いっ有料を受けるものとする。子どもを真の大人に育てるというのは、もっとも崇高な、もっとも困難な任務である。真の教育の目的は、つぎの点にある。すなわち、よくないことをだらだら続ける心が、もはや存在しないようにすることである!」


 すべての国境も標識が取り払われた。すべてのこどもたちが、帰ってきた。『子どもたちのために』行われた動物会議は成功のうちに終わった。

 これで話はおしまい?いえ、忘れてならないミミズのフリードリーン。会議終了の次の日、やっと、地球の反対側の南オーストラリアの砂漠に出た。
 「今日からきっかり4週間後、動物ビルで会議があるぞ」そう叫んだが。聞きつけたバッタが言った。
 「会議はとっくに終わったよ」
そのままフリードリーンは、また土に潜った。地球の反対側の家に帰るために。


全文を表示 »

ちへいせんのみえるところ

「ちへいせんのみえるところ」 長 新太 作・絵
- ビリケン出版

でました。yeah.gif


○おはなし
 くすんだ青い空。
 どこまでも続く銀色の草原。
 空と草原を、くっきり二つに分ける地平線。

でました。


見開き1ページに広がる草原と空。地平線の左端にこの一文。そして。

 草原の中に。
 じっと目を見開いた、男の子の顔。
ぺーじをめくると。
 ゾウ。
そして。
 噴火している火山。
 エイ。
 宇宙船?

ただ 地平線。

またページをめくると。
 氷の山に右方向に並んだ9匹のペンギン。
 くじら。
 大型船。
 建ち並ぶビルディング。
 池に小魚1匹。
 サンサン輝く日の出。
 再び、じっと目を見開いた、男の子の顔。

ただ 地平線。
 





全文を表示 »

ストーリーテリング講座最終5回目

 講座もついに最終回を迎えました。今日は、一人ひとりが、覚えてきたお話を語る発表会です。
 ドキドキしながらも、何とか語り終えることができました。
 感想は。
視線をどこに持って行っていいのか分からなかったです。今まで立ってお話をしていたのですが、今回、椅子に座っている他の受講生の方に対して、私も椅子に座って話をしました。すると・・・。わー、まともに目が合うじゃん。どこ見ていいか分からない。これまで保育の時は、子供が椅子に座っていたら立ってお話をしていました。椅子に座ってお話をするのは、せいぜい子供が床に座っている時。その方が、後ろに座っている子のことも見やすかったんです。だから意識したことがなかったんですが、同じ目の高さで、向かい合って一方的に話すのって、緊張しますねー。新たな発見です。発表会の後で、講師の方は、顔と顔の間に視線をやられているとおっしゃっていました。へんに目を合わせると、聞いている方の人が急にうつむいてしまったりしちゃうので、顔と顔の間を見るようにしておられるそうです。わざですねー。

 今回でみんなのお話を聞くのは読み聞かせを入れて3回目です。
 おもしろいものですねー。同じお話を語っているのに、聞いていて飽きないものです。そして、今回が一番それぞれのお話の世界に入っていけました。
 「お話を自分のものにする」と、講師の方が何度となく話されていましたが、

全文を表示 »

ジャリおじさん

「ジャリおじさん」おおたけ しんたろう 作・絵
-福音館書店

挨拶は、ジャリジャリyeah.gif


○おはなし
 鼻の頭にひげのあるジャリおじさん。
海を見て暮らしています。

 ある日後ろを振り返り、黄色い道が続いていることに気がつきます。
ここから、ジャリおじさんの旅が始まります。

 行く手にピンクのワニ。
「ジャリジャリ」
挨拶をしたジャリおじさんとワニは、一緒に行くことにします。

 あおゾウさんとタイコおじさんと出会います。
「ジャリジャリ」と、ジャリおじさん。
「パオー」と、あおゾウさん。
「ドンドコトン」と、タイコおじさんが、挨拶をしました。
この道がどこまで続くのかタイコおじさんに尋ねましたが、タイコの言葉は難しくてわかりません。

 その後もいろんな人に出会いましたが、この道がどこまで続いているのかだれも知りません。

 星空の下で。
もう一人のジャリおじさんが、この道の先に、ご馳走をしてくれる青い、大きな神様がいることを教えてくれます。

 朝が来て。
歩いて歩いて。まだまだ続く道を歩くジャリおじさんとワニは、ボーッとして、青い神様が、道の向こうに立っているのに気がつきませんでした。

 黄色い道は。
青く大きな海で終わりました。
ジャリおじさんとワニは、そこに家を立てました。
海からは、たくさんのご馳走がとれます。

 

全文を表示 »

くものこどもたち

「くものこどもたち」ジョン・バーニンガム 作・絵
たにがわ しゅんたろう 訳
- ぽるぷ出版

行きて帰りし物語yeah.gif


○おはなし
 アルバートは、とうさんとかあさんと3人で高い山へ登った。1日を山の上で過ごし、下山途中で、アルバートは崖から落ちてしまった。
 とうさんとかあさんは嘆き悲しんだけど、アルバートが運が良かった。雲に住むこどもたちがおまじないをかけてくれたのだ。

「ほわりん ふんわか ちょろ ほう ひい」
「ぬくぬく のんのん とろんこ ぐう」
とか、それとも
「ごろごろ くすくす むにゃ ばあ ぶう」だっけ?



 それから雲のこどもたちと雲での生活が始まった。
のっぽの雲で跳んだり跳ねたり。
雲ボールで遊んだり。
雷雲と一緒に大きな音を出したり、泳いだり、絵を描いたり。
雲乗りレースはみんなより遅くって引き離され、強い風に吹き飛ばされそうになったけど、飛行機雲の上を歩いてみんなのところまで行けた。
 楽しい毎日。

 でも、街の明かりを見た途端、家族や家のことを思い出し、帰りたくなった。
 それを聞いた女王様が、アルバートを家に帰してくれることになった。最後につきおとこも一緒に、みんなでさよならパーティ。

 女王様がおまじないをさかさまに唱えた。

「ひい ほう ちょろ ふんわか ほわりん」
「ぐう どろんこ のんのん ぬくぬく」
「それとも「ぶう ばあ むにゃ くすくす ごろごろ」だっけ?



 気がつくとアルバートは自分の家のベットにいて、とうさんとかあさんがベットの横に座っていた。

 時々、アルバートは雲のこどもたちと遊びたくなって、おまじないを言ってみる。でもちゃんと言えない。
 そんなアルバートを見た人が言う。

「あいつ いつでも あたまを くものなかに つっこんでいるのさ」





全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。