スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたずらラッコとおなべのほし

「いたずらっことおなべのほし」
作 神崎 とし子 ・絵 長 新太
- あかね書房


夜空を見上げて探してみようyeah.gif


○おはなし
北の海に住むロッコ。おじいさんをワカメでぐるぐる巻きにするなど、一番のいたずらラッコです。ある夜、そんなラッコにおじいさんは天の大男の話をします。大男は星のお鍋でカニをすくって、ぐちゅぐちゅ煮るんだよ。
 次の日、朝ごはんのカイをカモメにとられたレッコのために、ウニをとろうと遠くまで出かけたロッコ。そこで大男に、たくさんのカニと共に、大鍋ですくい上げられてしまいました。
 さあ。脱出するためにロッコはどうしたでしょう。ロッコのとった行動のおかげで、夜空に輝く大鍋の星たちが8個から7個になったんですって。
○KABA
 今日は七夕です。保育の仕事をしている時は、この季節が来ると笹飾り作りをし、「たなばた」関連の絵本を読んでいました。(そういえば、織姫と彦星の劇を職員がして子供に披露したことがあったんですが、KABAは彦星の飼っている牛だった・・・。)子供たちに一番喜んでもらえたのは、パネルシアターでした、七夕物語。ちょうど参観日だったので、来ていたお母さんも喜んでみたくれていました。と言うのも、知ってるつもりの物語ですが、白鷺が天の川に橋を掛けてくれるなど、細かいことは知らなかったりするもんなんですよね。だから、大人のほうが、「へー」なんて声を上げてたりしていました。このように、知ってるつもりの知らない話。チェックしてみるのもおもしろいですよね。
 KABAは今年の七夕は、次男クンの未就園児入園の日が昨日で、幼稚園で七夕祭りをし、今日は、地域の遊びクラブで長男クンと笹飾り作りをしました。どちらでもこの七夕物語をしてくれました。
 KABAが選んだ絵本は、この絵本です。夜空の星つながりなのと、この暑苦しい季節に、ゆったりと広大な北の海のお話は、いいナーって思ってるんです。
 長新太さんの大胆な絵は、北の深い海と夜空に吸い込まれていきそうです。そして、北斗七星は、北斗八星だったなんて、おもしろい顛末。ロッコが大活躍して、お鍋の底の星を抜き、そこから海に帰ってきたなんて。思わず笑っちゃいます。
 おなべのほし。今晩は見えるかな?ほんとにあるの???て次男クンは興味津々なんです。雨雲サーン。今晩は星空みせてくだサーイ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/100-fd6fc7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。