スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼラルダと人喰い鬼

「ゼラルダと人喰い鬼」
作 ・絵 トミー・ウンゲラー 
訳 たむら りゅういち ・ あそう くみ
- 評論社


ご馳走の前ではみんな善人yeah.gif


○おはなし
 おなかをすかせた人喰い鬼。ゼラルダを食べようとして岩から落ち、動けなくなりました。お料理の大好きなゼラルダは、動けない人喰い鬼のために料理を作ってあげることにしました。
 人喰い鬼は生まれてはじめてのおいしいものを食べ、子供を食べたいとは思わないようになりました。そうしてゼラルダと人喰い鬼は、末永く幸せに暮らしました。


○KABA
 図書館で次男クンが「読んで」と持ってきたこのお話。正直、KABAが選ばない苦手な表紙の絵なんですが、ページを開いて、次男クンよりKABAが興味を持ってみた絵本です。お話は、傷ついた、自分を食べてしまうかもしれない相手の食事の面倒をみるところが、宮西達也さんの「おれはティラノサウルスだ」に似ています。
 鬼といえば、頭に特徴的な角を思い浮かべますが、ここにでてくる鬼は、外見的に特徴があるわけではなく、ただ、人間の子供を喰らうんです。ところが、ゼラルダの料理の方が子供よりおいしいので、子供を喰らうのを止めてしまうんですよね。人喰い鬼は、人を喰らわなければ、普通の人間と一緒。そんな匂いのする絵本です。だって、ゼラルダとこの人喰い鬼は、結婚して子供までもうけちゃうんですから。最後のページなんて、とても人喰い鬼には見えません。
 この絵本。ゼラルダのように外見やうわさに惑わされない善の心を唱えているようですが、最後のページ。後姿の子供が、ゼラルダの抱く赤ちゃんを覗き込みながら、両手にナイフとフォークを持って背中に隠してるんですよね。この子だけ、後姿で表情が読み取れないけど、よだれでも流して赤ちゃんを見てるのかしら?この子に、赤ちゃんよりゼラルダの料理の方がおいしいんだって事、どうしたらわかるんだろう???でも、最後の文章はこう結んであります。

すえながく、しあわせにくらしました


今、だけでなくこれからも・・・てことですよね???
さて、この子の食欲、どうやって乗り切るんだろう?気になるKABAです。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/115-61a78bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。