スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいじゅうたちのいるところ

「かいじゅうたちのいるところ」
作 ・絵 モーリス・センダック
訳 じんぐう てるお

- 冨山房


我が家にかいじゅう3匹yeah.gif


○おはなし
 マックスはオオカミのぬいぐるみを着て大暴れ。怒ったママに、夕ごはん抜きで寝室に閉じ込められました。
 すると、寝室は森や野原に変身。海を渡って、かいじゅうたちのすむ島に到着。マックスはかいじゅうの王様になり、やりたい放題。と思いきや、誰かさんに会いたくなってうちに帰ることに。 
 寝室には、温かい夕ごはんが置いてありました。

○KABA
 かいじゅうの目が怖いんじゃないかなって思ってKABA一人で楽しんでいたこの絵本(KABA自身、夜はこのかいじゅうたちと目を合わせたくない)。最近恐竜アニメにはまっていることもあり、大丈夫だろうと踏んで、一緒に読んでみました。「このかいじゅうが好き」って1匹を指さす次男クン。「ママは?」と尋ねるので、次男クンの顔を指差すと、「かいじゅうちゃうやろ」って突っ込んでくれましたが、イエイエ。キミ達三兄弟は十分かいじゅうです。何でそんな無駄な動きが多いのって言いたくなるくらい猛獣モードになることもしばしば。マックスは、まさにこの年代の男の子代表です。
 怒られたってへこたれないマックス。「かいじゅうたちのいるところ」はマックスの心の中だとKABAは思います。窓から見える月は、マックスの心を映し出すかのように三日月?というより何かが起こりそうな月食のようです。さあ、マックスのパラレルワールドへ出発するにはいい頃合い。ママ達大人の入り込めない、手の届かない自由な世界。かいじゅうたちの王様になってかいじゅう踊りをして、やりたいほう題し放題。この数ページが、息子クン達のお気に入りです。なのに気になる誰かさん。はしゃぎきれないマックス。だって、ここはマックスの心の中。「かいじゅう」って怒られた事と隣り合わせの存在のように思います。遠く遠く、1年と1日かけてきたはずだけど、逃げられやしない。満月の姿と共に帰って来るマックス。
 マックスの心の変化が絶妙に描かれていて、男の子ママのKABAには楽しい1冊です。姿が最後まで見えないママ。叱るときはピシッと。反発しようにも、マックスはこのママの手のひらの上でうまく転がされているように思います。運ばれている温かい夕ごはんに、思わず笑顔のマックス。
 かいじゅうは、かいじゅうなりに、いろいろ考えて大きくなるもんだ。
 よし、KABAもとりあえず、胃袋だけはつかんでおこうっと。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/133-fb7d37db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。