スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーリーテリング講座3回目

 講座3回目の今日は、受講生それぞれが選んだお話を紹介、朗読しました。今日の講座の感想は、「おもしろかったーー」。
 
 おもしろいですねー、読んでもらうということは。
 普段経験できないだけに、うれしくなっちゃいました。単純に、楽しんで聞いていました。定番の昔話を選んだ人。自分の小学1年生の時の教科書に載っていたお話を選んだ人。感銘を受けた詩を選んだ人。それぞれが、自分の好きなお話を選んできていました。
 知っているお話。知らないお話。それらを、15人いろんな人が話してくれるんです。楽しいです。これが、一人の人に読んでもらうんだったら、ここまで楽しめなかったと思います。それぞれの人の持ち味。まだ緊張しながらの朗読ですが、そういったものが感じられました。

 さて。私が選んだお話。
  いろいろ悩みましたが、
「日本むかしばなし集 1 (1)」 
坪田 譲治
- 偕成社


 この中にある、「カメに負けたウサギ」というお話にしました。
 「ウサギとカメ」。
誰もが知っているこのお話のその後のストーリーです。


 このお話を選んだ理由。
 最初は、お話「ウサギとカメ」を探していました。
 夜。就寝前のお話タイム。電気を消した真っ暗な部屋で聞かせる昔話の中で、息子クンたちのリクエストが多かったのがこのお話でした。私の記憶の中でのこのお話を語るのですから、毎回、違った言葉が出てきます。キチンと語れるようにしよう。そう思って探しました。
 ですが。これが、なかなか気に入った再話されている本が見つからないんです。
 一体このお話は日本の昔話なの?イソップ童話集の中に載っているの
が見つかったり。日本の昔話として紙芝居になっているのが見つかったり。うーん。よくわからなくなりました。
 そんな時出会ったこのお話。その後のウサギはどうなったのか。これは息子クンたちの興味をそそるでしょう。ぜひ語ってみたい。そう思い、何度も何度も読んでみました。へー。負けたウサギの頑張りどころ。聞かせてやりたい。語りたい。そう、思いました。


 さて、この本。いろいろな昔話が載っています。

 坪田譲二さん。童話作家であり、昔話の再話を数多くされています。童話雑誌「びわの実学校」を主宰し多くの作家を生みだされていて、その中の作家の一人、松谷みよ子さんが、この本の解説を書かれています。その中に、坪田昔話の特色として、「方言を使わない昔話」と書かれていました。
 昔話の多くの再話者が方言をエッセンスに使い、昔話の味にしていますが、坪田昔話は、気負いなく淡々と語るように書かれているそうです。それは、坪田譲二さんが、土着の人であり、故郷を愛する人だからだと、書かれていました。だからこそ、方言に頼らず気負いなく書かれていると。
 方言の土臭さ、耳当たりの温かさ。私は好きです。しかし、方言に頼らず昔話を語る。そうなると、坪田昔話を語るには、一つ一つの言葉が大切になってくるように思われます。

 来週は、覚えたお話を語ることになっています。期限は1週間。
 さあ、気合を入れて。しっかりお話覚えなきゃ。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

えほんかあちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
今、毎日毎日このお話を唱えています。はい。子供に言わせれば、「何ぶつぶつ言ってるの?」状態。耳を傾けて聞いてみたいものではないようです(笑)。
でも、こうして覚えてみると、一つ一つの言葉が気になりますねー。読むと覚える。こんなに言葉のとらえ方が変わるとは思わなかったので、結構おもしろいです。

松岡享子さん。子どもと本とのつながりを考えてこられた方なんですね。いろいろ知っていくと、この女性のバイタリティあふれる行動力に圧倒されます。そして、「たのしいお話 お話を子どもに 」をはじめ、決して小難しく書かれていないので、すべてが内に入っていくように思います。絵本の読み聞かせについても、著があるようなので、読んでみたいと思っています。

素敵な講座ですね。

KABAさん、こんにちは。
楽しそうな講座ですね。近くであったら、いつか「ストーリーテリング講座」参加してみたいです。
KABAさんや参加者のみなさんの朗読、私も聴いてみたかったです。次は覚えたお話を語るんですね。
私は前にも書いたかも知れないですけど、翻訳家として松岡享子さんを知りました。でも、どこかでストーリーテリングを広める活動をされていることを読んだことがありました。こんかいKABAさんの紹介されていた「たのしいお話 お話を子どもに 」を読んでみることにしました。新しいことを知るきっかけを頂いて、ありがとうございます!
また、来週の語りの発表を楽しみにしています。
楽しんでくださいね!

コメントありがとうございます

>なずなさんへ
 自分の好きなお話を選ぶのが一番!て言うのが講師の方の方針だそうです。かつては、聖書からお話を選んだ人もいたそう。語りに向き不向きは、いろいろありますが、「語りたい」って思い、大切にしたいと思います。
 わたし、語ってもらうの、ほんとに好きだなーって思いました。同じ話も、違った人がすると、間の取り方や言葉のとらえ方で、全然違ってくるんでしょうね。楽しそうだ♪
 うんうん。記憶力の低下を感じる日々ですが、ゆーっくりやってみまーす。

>ブチョロビッチョロさんへ
 そうだねー。あんまり気負わず、楽しみたいって思います。うまくいかなくて当たり前だもんねー。
 読み聞かせ講座。楽しそうですねー。私、語りや読み聞かせしてもらうの、ほんと大好きです。
 紹介したい本がある気持ちもわかりますよー。自分の好きなお話。それを聞いてほしい。そして、その時の生の反応も見たい。私、子供に絵本の感想を求めませんが、読んでいるときの子供からもれる声や表情を見るのが好きなんです。読み聞かせの機会があればいいですね。

がんばって♪

私も今、読み聞かせ講座に通っています。
3回連続のうち、次回の最終回では5人ほどが
人前で読み聞かせをする予定。
私は5人に入っていないのですが
飛び入りが許されれば紹介したい本あったりして。

お話を覚えるとなるとまた大変そうですが、
気に入ったお話なら気合いもなお入りますね。
気負い過ぎず、がんばってくださいね♪
聞きにいきたいぐらいです(^0^)

KABAさん、がんばって~!

選ぶところから、始まるんですね、(それは悩みそう!)
私が受けたストーリーテリング講座では、
「おはなしのろうそく」から3つの話が用意され、
そのうちのどれかを覚える、というものでした。
やはり15人ぐらいの参加者がいて発表の日は、
同じはなしを違う人の語りで、何回か聞くのですが、
それも、面白かったです!

今回KABAさんの講座では15のおはなしがあったのですね。
充実していますね~。
来週の語り、がんばってくださいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/208-e2db516e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。