スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きんいろあらし

「きんいろあらし」 カズコ・G・ストーン 作・絵
- 福音館書店

一面金色にyeah.gif


○おはなし
 大きな柳の木の葉が金色になりました。その柳の木の下には、やなぎむらがありました。
 ばったのトビハネさん、かたつむりのキララさん、くものセカセカさん、ありのパパ、ママ、ぼうやのセッセ家族が、住んでいました。

 旅に出るちょうちょのモナックさんとモナックおくさんとお別れした次の日、赤とんぼのアカネさんが、「きんいろあらしがやって来る」と教えてくれました。
 きんいろあらしに飛ばされないように、
セッセ家族は、地面の下の穴に隠れました。
キララさんは、柳の根っこの間にピッタリ張り付き頭をひっこめました。
トビハネさんは、柳の枝に両手両足でしっかりつかまりました。
セカセカさんは、柳の葉に体を糸で巻きつけました。

 きんいろあらしが来ました。風は渦を巻き、柳の枝はびゅんびゅん揺れました。

 嵐が去ったとき、セカセカさんの姿がありません。アカネさんが蛍池に落ちていることを教えてくれました。池の真ん中でセカセカさんが泣いています。泳げないみんなにはどうすることもできません。
 その時セッセ家族のぼうやが家を見つけてたずねて行きました。家だと思ったのは亀の甲ら。カメキチおじいさんにお願いしてセカセカさんを助けてもらいました。
 次の日。カメキチおじいさんがやなぎむらに遊びに来ました。物知りなおじいさんに冬の話を聞き、みんなで冬支度を始めました。落ち葉で作った家は、あたたかですよ。

○KABA
 長男くンのお気に入り「やなぎむら」シリーズの1冊です。読んだ後に「何できんいろあらしなんやろ?」と長男クンの一言。
 確かに嵐は黒い雲とともにやってきます。なんとも美しいタイトルに、どうやら嵐が美しいものと考えていた長男クン、期待外れだったようで、疑問が残ったようです。
 あなたはどう思いますか?想像を裏切る嵐ですか?
 きっと。この季節の嵐が去った後は、地面が金色の葉に覆われるから、この名がつけられたのでしょう。絵本の表紙も、そんなカラーですものね。長男クンはどう思うかな?長男クンの考えを聞くのも楽しみです。

 この絵本を読んだ翌日。次男クンは公園のうんていの下で、落ち葉や小枝を集めて虫の家作りに夢中でした。
 「ようし、これで大丈夫。」
出来上がりに大満足していましたが、次の日に行くと壊れていました。(そりゃ場所が悪いよ…。)母の忠告も聞かず、また同じ場所に作り始めました。そこに作ると、虫さんと約束したそうで・・・。
 もう一度、虫さんと相談した方がいいと思うのですが、その同じ虫とは再び出会えず…。結局、何か所も、虫の家を作っていました。
 次男クンの作った家で、夜の冷たい風をしのいでくれているといいな。落ち葉たっぷり使った家は、きっとあたたかだから。 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。



こちらのぺーじで「ほたるホテル」
こちらのぺーじで「さらだとまほうのおみせ」
を紹介しています。良かったら見ていってくださいね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/213-a656e8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。