スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちへいせんのみえるところ

「ちへいせんのみえるところ」 長 新太 作・絵
- ビリケン出版

でました。yeah.gif


○おはなし
 くすんだ青い空。
 どこまでも続く銀色の草原。
 空と草原を、くっきり二つに分ける地平線。

でました。


見開き1ページに広がる草原と空。地平線の左端にこの一文。そして。

 草原の中に。
 じっと目を見開いた、男の子の顔。
ぺーじをめくると。
 ゾウ。
そして。
 噴火している火山。
 エイ。
 宇宙船?

ただ 地平線。

またページをめくると。
 氷の山に右方向に並んだ9匹のペンギン。
 くじら。
 大型船。
 建ち並ぶビルディング。
 池に小魚1匹。
 サンサン輝く日の出。
 再び、じっと目を見開いた、男の子の顔。

ただ 地平線。
 





○KABA
 バタバタバター。
 ドタバタバター。
この音。オヤスミ前の我が家に響く音。まだまだ騒ぎ足りないのか、最後の一暴れか。息子クンたちは、寝る寸前までこの調子。

 ですが。この絵本を読み始めると。どんどんこの世界へ吸い込まれて行きました。じっと。絵本を見つめる。この切り替えの早さ。すぐに絵本の世界の住人になれる子供にあきれつつ、感心してしまいます。

 「そうげん」と書きましたが、この絵本の地の部分。なんなんでしょう。空と続くくすんだ青色が下地にあり、その奥行きを感じます。感じますが。こんな突拍子もないモノが出てきていいはずないでしょー!!意表を突かれて、ただ、大笑い。
 紙面の端から端までひかれた横線。中表紙の白地に黒い横線。単純なこのページが妙にお気に入りです。


 「でました。」
この一文を読むだけの時間以上に、1ページ1ページをゆっくりめくっていき。息子クンたちは、別に描きこんでいる複雑でもない絵にくぎ付け。そうして。大笑い。間にある何にも出てこない地平線のページが、うまく息子クンたちの期待を裏切りつつ、その次のページで惰性でない笑いを再び起こす。
 単純に笑って、なーんにも考えずに笑って。はーおもろかったねー。

そうして、今度は眠りの世界の住人になる子供達。長さんの絵本て、オヤスミ前にぴったりかもね。
 
 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/225-948aa4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。