スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが絵本の底ぢから!

「これが絵本の底ぢから!」谷地元 雄一
- 福音館書店



 元保育士、そして現在児童クラブを運営している谷地元さんの本です。「図書館で昼寝」のブチョロビッチョロさんが紹介されていて、興味があって読んだ本です。
この本を一言で紹介するならば、生活の中にある絵本の面白さが描かれています。
 「生活の中にある絵本」。
ある時はお月さまを見て。
ある時は、河原での遊びで。
またある時は、子犬の誕生で。
あらゆる子どもたちの生活の場面で、絵本のお話が溶け込んでいるのです。
 例えば、お月さまを見て。
筆者の息子さんは、おつきさまに「こんばんは」と挨拶をしてニャーと猫の鳴きまね、そしてアカンベーをします。これは、絵本「おつきさまこんばんは」を見たことから出た息子さんの行動なんですね。

「底力」という言葉は、この筆者にピッタリくるなっと思います。生命力を感じる筆者です。自分を見つめ、そこから湧き出てくるエネルギーを子どもとの生活の場でさらに高めていっているように思います。子どもとの遊びも生活も一緒に楽しまなくっちゃっていう姿勢。そんなものが感じられた1冊です。

 「本を読む」。
このことは「実生活が豊か」であるからこそ、生きてくる。五感をフルに使って実生活を豊かに過ごしてこそ、お話の世界を楽しめる。そんな話を聞きました。
まさしくその通りなんだなーってことが、この本から伝わってきます。筆者はまさしく五感をフルに使って生活している人ですものねー。
 お話を聞かせればいい。絵本を与えればいい。それだけでいいわけではないことが、体験談から書かれたこの本からひしひしと伝わってきました。

 私も、子供のつぶやきを逃さずキャッチできるアンテナを張り巡らせていたいな。

 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

ブチョロビッチョロさんへ

イエイエ。文章力…。ないですよー。
伝えたい。伝わってるんだろうか?
そんなことを思いつつ、同じく四苦八苦して書いてます(*_*;
私は最近詩集をぼーっと見ていることが多いです。
また、ブログに遊びに行かせてもらいますね。
 

ありがとうございます。

こんにちは。ご紹介、ありがとうございます。
おすすめ本を読んでもらえるって、
しかもそれを気に入ってもらえるって
嬉しいものですね(^0^)
このところ、ちょっと絵本以外のものを読むことが多いのですが
またぼちぼち記事も書いていこうと思います。
それにしても文章力がうらやますぃ(笑)
1冊紹介するにも四苦八苦する私です。。。

なずなさんへ

ほんとですね。
この対談を見て、谷川俊太郎さんの詩も読んでみようと、手に取りました。
谷地元さんが飲み友達に谷川俊太郎さんの詩を朗読していた気持ちわかるなー。
酔うほどに、素直に心にしみわたりそうですよねー。

私も今読んでいるところなんです。

本文もおもしろいですけど、谷川俊太郎さんとの対談が絶品!ですよね。
あの、天下の(!!)谷川俊太郎さんとタメ口ではなしちゃうんだもの、
谷地元さんってタダモノではない!
…「底力」という言葉は、この筆者にピッタリくるなっと思います。…
というKABAさんのことばに、同感です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/230-9d4f64db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。