スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えんまとおっかさん

「えんまとおっかさん」 内田 麟太郎 作
山本 孝 絵
- 岩崎書店

見かけ倒しのさびしんぼうyeah.gif


○おはなし
 閻魔には、両親はいません。この世に最初に生まれて亡くなった人間だからです。それだけに、母を恋しがる思いは人一倍です。
 ある日鬼どもが引っ張ってきたばあさんが、日頃閻魔が思い描いているおっかさんそっくりでした。

 (おっかさんを地獄に落としたくはない。)
そう考える閻魔は、何とかばあさんを救ってやろうと、
「悪いことはしていないだろう?」と、猫なで声で尋ねます。

 しかし、このばあさん。人殺し百人、だまして金儲けしたのは五百人、死人から金を盗んだこともあると、言います。

 自分のおっかさんみたいな人を地獄に落としたくない。

 閻魔は必死で阿弥陀様を拝みました。
すると、阿弥陀様は、ちろり舌を出されました。

 閻魔は鬼どもに命令しました。
「うそつきばばあは地獄に落とし、舌をぬけ」

 ばあさんは2枚舌のうちの1枚をぬかれました。そして、明日はたまたま盆の16日で地獄のふたが開き、現世に戻ることとなりました。

 舌は1枚。ばあさんは誰より正直に暮しました。

○KABA
 長男クンが幼稚園年長さんの頃、園でよく「じごくのそうべえシリーズ」を読んでもらっていました。
『軽業師のそうべえと、歯抜き師・医者・山伏は、閻魔によってなぜか地獄行きになりました。けれど、糞尿地獄も人呑み鬼も、釜茹での刑も針の山地獄も、へっちゃらな4人。地獄で大暴れ』というストーリーです。

「地獄って知ってる?」と言いながら、自分が聞いてきた地獄の話を教えてくれていました。そんな長男クンが図書館で選んできた絵本がこれです。
 自分が読む前に「これおもしろいで」と勧めてくれました。「何で知ってるの?」と尋ねると、以前行った別の図書館で読んだんだそうです。気に入ったんだけど、そこの図書館では借りられず(図書の貸し出し可能な地域外でした。)近所の図書館で見つけてすぐ借りたそうです。好きな絵本に再び会えたうれしさ。長男クンは味わってるんだなーって、母もうれしくなりました。

 さて。この絵本の表紙。何んともこわーい閻魔の顔。逆さにしたら笑ってるのかしら…なーんてことはありませんでした。表紙裏には、餓鬼かしら…鬼が行進してるし、地獄絵図も壮絶な拷問シーンが描かれていて、ヒャーこわいー。
なんだけど。読むほどに面白い。
 イケシャーシャーとうそをつくばあさんと、冷や汗たらしてオロオロしている閻魔が対照的で面白い。
 決してかわいいとは言えないばあさんの、皺だらけの細い体と表情が、どの場面も見入ってしまうなかなか味のある面白さ。
 似てないじゃん。と思いながらばあさんと閻魔をよくよく見れば、同じところにほくろがあって、あれっと思いつつ見ていると似ているように思えるから面白い。
 とにかく、面白いんです。

 この怖ーい顔の閻魔のことを、正直者になったばあさんがうまく言っています。
 「みかけだおしのさびしんぼう」
笑えますねー。そのとおり!
なく子も黙る閻魔のはずですが、ヒョロヒョロのばあさん一人に手玉に取られてオロオロしているんですから。

 おっかさんを恋しがって涙涙だった閻魔。
今では、おっかさんの膝枕で耳掃除をしてもらっている、いい夢を見ています。
 そんな閻魔に、地獄の鬼たちは、やれやれ…と言ったところでしょうか。こんなに近くに、自分のことを心配してくれる仲間がいることに、早く気がつけばいいのに。おバカなさびしんぼうさんですね。
   



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/231-6125609b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。