スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10ぱんだ

「10ぱんだ」岩合 日出子 作
岩合 光昭  写真
- 福音館書店

あなたはどのパンダ?yeah.gif


○おはなし

らくらく きのぼり 1ぱんだ


木登りは大得意。

のはらで のんびり 2ぱんだ


クローバーの上で、寝転がって。

みみをすます 3ぱんだ


何の音?

おしくらまんじゅう 4ぱんだ
ひなたぼっこの5ぱんだ



ページをめくるごとに、ぱんだの数が増えて行く数え絵本です。
眠っているぱんだ、食事中のぱんだなど、
色々な姿のぱんだに出会える、写真絵本です。


○KABA
 「パンダに会いたい」。
私のそんな想いで、動物園に行ったことがあります。実際にパンダを見たことが、記憶をどうたどってもない。あれ、そんなはずじゃあ、ってくらい、私の中にポピュラーな動物として位置づけされてたんですが、どう考えても見たことないぞ!となると、ぜひ会いに行こうってわけで、パンダのいる動物園に行きました。
 そうして、期待を裏切らないかわゆいパンダに会ったんです。ちょうど笹の葉をもらって、食事の真っ最中。すぐ目の前で背中をまあるくして座るパンダの姿に息子クンたちだけでなく、「キャーかわいい!!」て声をあげていました。
 そう。ほんとかわゆいですよねー。でも、クマ科ですから獰猛な面もあるとか。この絵本からは、ほほえましいパンダの姿だけでなく、そんな獣性も感じられます。
 
 そこは、動物写真家として有名な岩合 光昭さんの写真のなせる業でしょうか。迫力もあり、とてもかわいい写真。写真絵本としてだけでなく、写真集にもなりえる絵本ですねー。

 この写真は、四川省臥龍の保護センターの「パンダ幼稚園」の子パンダたちだそうです。これだけの数の子パンダがそろうと、あら、それぞれ目の周りや耳の形に特徴あるんじゃないのー。て、1匹1匹を眺めてしまいます。性格(性質?)も違うんだろうなー。息子クンたちは、どのパンダくんだろう…なーんて考えたりしながら 。
巻末には、パンダの生態など知りたいことが10、紹介されています。
科学絵本の要素もあるんですね。「へー」てうなる知識の泉ですよ。

○参考HP… 福音館書店
岩合 光昭HP…さまざまな大自然に生きる動物たちに出会えます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ
スポンサーサイト

コメント

アフリカ

わ~、KABAさんこそ、生でみているのですね!?
生で見るってやっぱり全く違うんでしょうね。

「おきて」は、アフリカ・セレンゲティに
家族で暮らしながら撮った写真集です。
その時の暮らしを綴ったものが「アフリカ・ポレポレ」
読み比べると面白いですよ♪

私はいつかザトウクジラを見にいくのが夢です。

ブチョロビッチョロさんへ

わーいろいろ見ているんですねー。
文章は、奥さんなのですねー。
「おきて」。興味あります。以前アフリカで野生の動物たちの生きるさまを見た感動。子供にはなかなか伝わらなくって。手に取ってみたいです。

いつのまにか絵本が

こんにちは。
岩合さんの写真が好きです。
一目惚れしたのが「クジラの海」。
そして「ペンギン大陸」「おきて」などをへて
子どもに写真集を破られるのも恐くてしばらくご無沙汰でしたが
いつのまにやら絵本が出ていたのですね(笑)
奥さんの日出子さんの文章も好きで
「アフリカ・ポレポレ」は何度も読みました。
ライオンやハイエナが獲物を襲ったり
ライオン同士の殺しあいの写真があったりするので
積極的に見せずに、なにげなく本棚においてある「おきて」に
いつ子どもたちが気付くか(笑)
絵本も、いろいろ読んでみたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/237-23ff5694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。