スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こねこのぴっち

「こねこのぴっち」ハンス・フィッシャー 作・絵
石井 桃子  訳
- 岩波書店

くるっくるっ、かわいい子猫yeah.gif


○おはなし
 りぜっとおばあさんの家のいちばん小さな子猫、ぴっち。
他の子猫たち、ぐりぐり、ぐろっぎ、ばっちやみっちのように、いたずらをせず、じっとかごの中にいます。びっちは、他の子猫たちがしているようなこと、おばあさんの編み物をひっぱりまわしたり、ほうきによじ登ったりするようなことは、したくありませんでした。全然違う事がしたかったのです。

 裏庭にいる おんどり。なんてりっぱな歩き方でしょう。
おんどりになりたい。
ぴっちはおんどりのように2本足で歩き、餌をつつき、「こけこっこー」と鳴ける様になりました。
 でも、おんどりたちがケンカをしているのを見て、おんどりになることをやめました。

 はらっぱにいる やぎ。体は大きいですが優しそうです。
やぎになってみたい。
ぴっちは首に掛ける鈴を貸してもらい、角の代わりに、木の枝を2本、頭につけてみました。
 でも、おばあさんに乳を搾られるのを見て、やぎになることをやめました。

 またすぐにできたお友達は、あひる。あひるのように池で泳いでみたくなりました。ところが泳げないぴっちは、そのまま沈んで行きました。

 びしょぬれの ぴっち。仲良くなったうさぎ達と、うさぎ小屋に跳び込みました。夜になると、悪いけものたちが入れないように小屋は閉められてしまいました。
 寒くって震えるぴっちは、りぜっとおばあさんの家に帰りたいと「にゃお、にゃお」と鳴きました。その声は、りぜっとおばあさんには届かず、悪いけものたち、きつねやふくろうに届いたようです。金網のすぐそばまでやってきました。ぴっちはもっと大きな声で鳴きました。
 その声はいぬの べろに届き、ぴっちは、りぜっとおばあさんに体を拭いてもらい、やぎの乳をもらいました。

 次の朝。ぴっちは重い病気になっていました。
りぜっとおばあさんも、おとうさんおかあさんねこも、兄弟たちも、べろも、他の動物たちもみんな心配しています。

 1日1日よくなっていくぴっちが、お出かけできるように、べろたちは猫のかごで乳母車を作りました。

 あの怖い夜のことが忘れられない ぴっちのために、動物たちは庭でお祝いの会を開きました。
 ぴっちは他の子猫たちと、跳ねたり踊ったりしています。もう他の動物になることはやめることにしました。

 それから、りぜっとおばあさん手作りの、クリームたっぷりのったカステラをいただきました。
 もう、どこにも行くまい。ぴっちはそう思いました。

○KABA
 最近どんぐり拾いに行く場所には、猫たちが住みついています。これがおとなしい猫たちで(寒さのせいもあるのでしょうか?)、次男クンと三男クンは、猫の後を追いかけたり、ゆっくりくつろいでいる猫の前に寝っ転がって、何やら話しかけています。
 「フニャー」。
猫の鳴き声のまねをして盛り上がっています。

 去年のクリスマス。次男クンがほしがったクリスマスプレゼントは、黒い猫。困った親たちがお茶を濁したのは、「夢ねこスマイル」なる代替ペット。しかも白い猫でした。センサーで可動して、鳴いたりしっぽを動かしたりするんですが。猫が苦手の夫クンは、「目が怖い、自分のことばかり見ている」と怯えていました。
 ところが息子クンたちは大喜び。最近、再び電池切れのこの猫の電池を入れ替えて、次男クンと三男クンは猫のお世話をしています。

 夫クンほどではありませんが。私も猫は苦手。絵本の世界の猫なら、大好きなのですが。息子クンたちには、家の中では、お話の猫ちゃんたちで我慢我慢してもらいましょう。

 クルックルックルッ。リズムカルな音が聴こえてきそうなフィッシャーの絵。生き生きとした線から、ハミングをしながら描いているフィッシャーの姿を想像します。
 ぴっちが、とにかくかわいい。出てくるすべての動物がかわいい。息子クンたちは、指さし大喜びです。
 私は、乳母車にのせられ、べろに押してもらっている絵が大好きです。
 どのページもやさしい色使い。
 両開きの「お祝いの会」の絵は、やわらかな音楽が聴こえてきそう。
そう。この絵本からは、いつも優しいハミングが聴こえてきそうです。
 
 あーあ、お話の世界の猫なら、ホント、手放しでかわいいって息子クンたちと盛り上がれるんですけどねー。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。



*ハンス・フィッシャーの絵本たち*

「ブレーメンのおんがくたい」 
フィッシャーの絵本は、すべてわが子のためのもの。初めて描いた絵本が、1937年長女ウルスラへのクリスマスプレゼントだったこの絵本だそうです。

「MOE (モエ) 2007年 12月号 [雑誌]」
こねこのぴっちの特集。
さとうわきこさんの小さな絵本美術館で、フィッシャーの絵本の原画などが展示されていますが、そのエピソードも載っていますよ。
それから、こねこのぴっちの雑貨も♪他では見ない品ぞろえですよ。
MOE公式HPもチェックしてみてね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/240-977582bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。