スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス・イブ

「クリスマス・イブ」マーガレット・ワイズ ブラウン 作
ベニ モントレソール 絵
やがわ すみこ 訳
- ぽるぷ出版

研ぎ澄まされた夜の空気。神聖なる夜。yeah.gif


○おはなし
 待ちに待ったクリスマスイブ。
子どもたちは、なかなか眠りにつけません。
ただ、耳を澄ましています。

 トナカイ・キャンディ・お星さま
 天使・3人の博士
目にさまざまなものが浮かびます。

 「眠る前に、ツリーにさわってお願いをしよう」
子どもたちは、そっとベットを抜け出しました。
 そーっとそーっと、見つからないように、気をつけて。
真夜中。クリスマスの晩。
しんしん 外は雪。クリスマスの景色。



 ツリーを飾ってある下の階は、廊下にもまだ温かさが残っています。
もみの木、暖炉の火、そして、クリスマスプレゼント…。

 ああ。部屋に入ると、魔法が本物に。

 見事なクリスマスツリー。
 暖炉の前の靴下には、いろんなものが詰まっています。
 そしてツリーのまわりにもクリスマスプレゼント。

 動けずに。ただじっと、子供たちは見ていました。



 しんしん しんしん。
降る雪の夜をぬって、歌声が外から降ってきました。

 さあ、急いで、部屋へ帰りましょう。
そーっと そーっと。
 ドキドキ、胸が鳴っています。





  ○KABA
 大好きな、マーガレット・W・ブラウンのクリスマスの絵本です。これが彼女の遺作となったそうです。

 クリスマスと言うと、お祭り騒ぎになるのが日本人。キリスト教徒にとっては神聖な日です。
 学生時代。キリスト教系の学校でしたので、「キリスト教概論」なる授業を受けたり、毎週水曜日に賛美歌を歌い祈ったりしていました。そして、クリスマスカンタータ(イエス・キリストの降誕を祝う聖劇)にコーラス隊として参加したのが、若かりし頃の良き思い出です。クリスチャンではない私ですが、厳かな雰囲気に包まれたクリスマス体験でした。


 この絵本には、そんなキリスト教徒である子どもたちのクリスマスの夜が詰まっています。ブラウンの文章に、冬の夜の、冷たく研ぎ澄まされた空気。冷たい空気を緩やかに和ませる暖炉の温かさ。そんな、見えるものだけでなく、肌で感じる温度の変化まで感じます。
 今夜だけは眠らないと。でも、今夜だけは眠れない。そんな子供たちの気持ちが手に取るよう。

 クリスマスと言えば、深い緑と金銀輝く色のイメージですが、ベニ・モントレソールの描くクリスマスは、橙色・黄色・黒。バックが橙色なんです。
 これに最初は違和感。そして。そうだ。これは電気の明かりがないのだと思い当たりました。ベットにいるはずの子供たちがそっと起きだして、居間へ行きます。暗い廊下。暖炉の残り火とそれに照らされるツリーの輝きだけが、居間の明かりです。

 そう、これはクリスマスの夜。みんなが寝静まっているはずの夜のストーリーです。バックの橙色、そこに細い線の黒、輝く黄色。この3色で、描かれている意味がわかります。

 静かな夜の美しいお話です。

 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。


*ブログ内の「マーガレット・W・ブラウン」の絵本たち*

「きこえるきこえる なつのおと」
「ぼく にげちゃうよ」
「ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ」
「たいせつなこと」



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/253-78d73ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。