スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてふったゆき

「はじめてふったゆき」田島 征彦・ 竹内 智恵子  作・絵
- ブッキング

ずっこ ずっこと、雪ん子雪を降らすyeah.gif


○おはなし
 ざっと昔、会津の国に雪が降らなかった頃の話。

 磐梯山に てながあしざるという悪さばかりする、人泣かせの化け物の大猿がおった。

 南の山に住む だいだんぼうという大男が、自分とどっちが強いかと、磐梯山にやってこようとした。只見川をひとまたぎして、すぐ横の山に片足をかけた。その時、てながあしなががそちらへひと風送ったら、だいだんぼうのふぐりが揺さぶれて、山が崩れだした。慌てて だいだんぼうは逃げかえった。

  相変わらずいたずらばかりの てながあしなが。
そこへ、一人の坊さまが来て、てながあしながに尋ねた。
「なぜ悪さをする?」
「一人がさみしい。小さくなってみんなと遊びたい」
 それを聞いた坊さま、杖を振り上げ、てながあしながを小猿の大きさにした。そして、山のふもとの六地蔵の横に、てながあしながの地蔵さんを作った。
 てながあしながは、六地蔵のじぞっこわらしと遊んだり、村の子供をニコニコ眺めたりした。


 さて。村に侍がやってきた。侍はいばり、村の者を泣かしていた。明日は侍の村の見回りがある。そうして道に牛馬の糞が落ちていたら、大ごとになる。どうしたらいいかと、村のものは相談していた。
 それを聞いた坊さん、じぞっこわらしとてながあしながわらしを天竺に使いにやった。
そして次の朝。村へ侍がやってきた。その時、高い空で7人のわらしが踊り始めると、雪が降り、山も田んぼも道も真っ白にしてしまった。
侍には、わらくず一つも見つけられない。
辺り一面真っ白。
田も畑もうずもれた。
侍も見えなくなった。



それから毎年会津の国は、たくさんの雪が降るようになった。


○KABA
 ブッキングからの出版。ということは、復刊本なんですね。うれしいデス。こうしてこの絵本に出会えたのは、復刊してもらえたからこそ。この絵本との出会いに感謝。


 とても味わいの深いお話で再話かと思いましたが、田島征彦さん竹内智恵子さんお二人の共作だそうです。雪深い中で、暖かい火にあたりながら作られたのかなーなんて、勝手に楽しくなる想像を膨らませてしまいます。昔話が、囲炉裏のそばで、年寄りの手によって子どもたちに語られたように、そんなふうに作られたのではないかと思うお話です。

 
 ずっこ ずっこと、辺り一面覆う雪景色。田島征彦さんのこの雪景色が、なんとも言えず味わい深くて好きです。雪をかぶったモノって、まあるく見えますよねー。この丸みが、その雪深さも伝えてくれます。
 中表紙は、また違った面持ちのお坊さんと大きな手が印象的です。


 KABA家では、夫クンがスキーが好きなので冬になると積雪情報が気になります。暖冬といわれる年が続いていますが、長男クンは昨年スキーデビューをし、今年も楽しみにしているようです。
 ずっこ ずっこと、そりゃーたーくさん降り積もれ。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。


*「はじめてのゆき」の絵本たち*

「はじめてのゆき 」(こどものとも傑作集 (62))
「はじめて」の体験を五感で感じる とらたです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/260-f6bc3594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。