スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろいゆき あかるいゆき

「しろいゆき
 あかるいゆき」
アルビン・トレッセント 作
ロジャー・デュボアザン 絵
江國 香織 訳
ー BL出版

ふうわり おっとり 雪が降るyeah.gif


○おはなし
 

しずかなよるに ふうわり おっとり
 きたのそらから しいんと しろく
 ひひと ふる ふりつもる こっそりと まいおりて
 しずかなよるに ふうわり おっとり




 雪が降りそうだ
ゆうびんやさんとおまわりさんは思います。
 雪の匂いがする
おひゃくしょうさんは思います。
 おまわりさんのおくさんは、つま先が痛む。
それは雪が降るまえぶれ。

 粉雪が舞い降りる。

雪対策をする大人達。
雪降る中を遊ぶ子供達。
巣穴に隠れたのは うさぎ達。

 一面 雪景色。

ゴム靴をブーツにかえる ゆうびんやさん
雪明りの中、乳しぼりをする おひゃくしょうさん
寒気がしてベットで横たわる おまわりさん
おまわりさんの襟巻を編む おくさん
走り回るうさぎ達。
積った雪で遊ぶ子供達。


空に太陽。雪解け。芽吹き。


はるがきた
子どもたちは、こまどりに聞きました。






○KABA
 とにかく詩的な文章なんです。○おはなしで、簡単にそれを伝えることができない。
 雪の降り始め、積雪の情景、雪解けから春を感じる情景、それが見事な文章で書かれてるんです。それを伝えようとしたら、全部書き出したくなっちゃって(>_<)あー文章力のなさ。うまく伝えられるといいんだけど。
 
 例えば、
シーンとした、すべての音を吸収してしまう一面の雪景色、静寂の中で。この絵本はそんな環境の中で見るとぴったりでしょう。

 例えば、
自分の雪体験に思いをはせらずにいられないでしょう。

 ゆったりと、おっとりと、読み聞かせしたい絵本です。
 
 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ←絵本の紹介ブログが集まってますよ


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。



*「アルビン・トレッセント ロジャー・デュボアザン 江國 香織 」の絵本たち*

「きんいろのとき」 
「金色の時」とは夏から秋にかけて季節のうつろう時。


スポンサーサイト

コメント

はなびやさんへ

すごい!はなびやさんのコメント、するどいです。
「雪の日は、ちょっと特別。五感を使う日、神経が研ぎ澄まされる日」
この言葉、すとん、て胸に下りてきました。
ほんとそうですねー。ていうかそうなんですよ、この絵本。
わー。ぜひ読んでほしいなー。そして、感想が聞きたいですう。

雪を「おっとり」と表現されているところに、興味が惹かれました。音のない雪を、表現するのは、難しそうですよね。
読んだことがない本ですが、雪の日は、ちょっと特別。五感を使う日、神経が研ぎ澄まされる日というようなことを思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/265-ca706e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。