スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おへそのあな

「おへのあな」
長谷川 義史  作・絵
- BL出版

つながってるんだよyeah.gif


○おはなし
 お母さんのおなかの中の赤ちゃんは、おへその穴から見ています。

 お兄ちゃんが、赤ちゃんのロボットを作っているところを。
 お姉ちゃんが、赤ちゃんが生まれるころに咲く花に水やりをしているところを。
 お父さんが、赤ちゃんの歌を作っているところを。

そして、穴からにおいを嗅いでいます。

 お母さんの手料理のおいしいにおいを。

そして、聴いています。

 お母さんがおばあちゃんと電話している声を。
 おなかの赤ちゃんに話しかけている声を。

 風の音を、波の音を、鳥の声、花の咲く音を。

(満月の夜)
 

おいで おいで うまれておいで・・・・・・。


その夜、赤ちゃんはそっと、聞こえないように言いました。
「明日生まれてくるからね」

○KABA
 先日、友達の出産祝いを持って、次男クン三男クンを連れて赤ちゃんを見に行きました。
「かわゆいー!」
いつまでも三男クンを赤ちゃん扱いしているわが家族ですが、この世に生まれてまだ2カ月にならない赤ちゃんは、とーってもかわゆかったんです。ちっちゃな手、ちっちゃな耳。全てに「かわゆいー」を連呼していると、その横で次男クンと三男クンも、とろけそうな顔していました。
 いくら言っても、赤ちゃんのそばから離れない二人。ほっぺを触ったり、手をにぎったり。挙句に三男クンは何を思ったかほっぺにチュー!してました。赤ちゃんが泣きだせば、頭をよしよし撫でているし(おいおい、余計に泣くよ…。)。
 本物の赤ちゃん(そう、三男クンはもう、本物の赤ちゃんじゃあなくなってます。)にメロメロな二人でした。

 長男クンは3学期の生活科で、「自分の生い立ち」を調べていました。それをきっかけに3人のへその緒を出してきたり、撮りためている生まれた時からのビデオを3人分観たり…。
 親としても改めて子どもたちの成長を見直すこととなりました。
判を押したように3人共夫クンそっくり。年齢こそ違えどもみんな似た顔だと思っていましたが、それぞれの赤ちゃん時代のビデオを見れば三者三様、それぞれ違うものですねえ。当たり前のことに気づいた次第です。

 そんなこんなでずっと読みたかったこの絵本を手にとることができました。
前評判通りのよくできた絵本です。
 おへその穴から、下界もとい、外の世界を五感で感じる赤ちゃん。見える世界は天地が逆です。だって、赤ちゃんはおなかの中で頭が下になっているんですものね。これが不思議でたまらない様子の次男クンでした。
 赤ちゃんは全身で自分を待ちわびる優しい世界を感じています。
 穴から外を見ていた赤ちゃんは、そのうち目を閉じ、鼻で、耳で外の世界を感じます。臨月になると赤ちゃんは頭が下がってきてだんだん動かなくなるじゃないですか。そんなことを思い出しました。
 

おいで おいで でておいで


この言葉の書かれたページは、満月、そして海は満潮でしょうねー。時はすっかり満ちている。
中表紙に描かれた波線は、この満ちた様子を表現しているように思えました。

 話は変わるようですが、芥川龍之介の「河童」で、河童の世界では、胎児に生まれてきたいか生まれてきたくないか選択権がありました。
 現在の世の中、こういった選択権があるとすれば、赤ちゃんたちはどのような選択をするのだろう、と考えさせられます。
 しかし。この絵本の赤ちゃんのように、お腹にいる時からこうして全身で自分が生まれてくることを待ちわびる周りの愛情を感じることができたなら。生まれた時の第一声、泣き声は、外の世界に出た不安の泣き声ではなく、「おまたせー!」て言っているに違いないと思うのです。
スポンサーサイト

コメント

ミヅボンさんへ

心配してもらっておりがとうございます。やっと、スムーズにキーが打てるようになってきました(笑)。傷痕は、ケロイド状。決して美しいものではないのですが、「生まれたての肌♪」と子供たちに言っております。
TBうれしいです。こちらからもお願いしますね。

こんばんはo(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪
手の調子はいかがですか?だいぶ良くなりましたか(^^)

さてさて、この絵本ステキですよねぇ~。
私には子どもはいないのですが、ジ~~~~~ンとしちゃう一冊でした。
家族全員が赤ちゃんの誕生を待ちわびて、
お腹の赤ちゃんも家族に会いたい気持ちでいっぱいの様子が伝わりますね。
KABAさんの記事を読んでいて、お子さん達のビデオをみたりへその緒を出したり
子どもにそそぐ愛情をたっぷり拝見することができましたよん☆
>第一声の泣き声は、外の世界に出た不安の泣き声ではなく「おまたせー!」て言っているに違いないと思うのです。
私もそう思います(^ε^)♪だってぇ~あんなに元気がいい声なんだもんねぇ♪
私もこの絵本を記事にしているので、TBお願いしま~すо(ж>▽<)y ☆
またこちらのTBも利用してくださいねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/318-534fee82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。