スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まよなかのたたかい

「まよなかのたたかい」
作 ディエリー・デデュ ・絵 レミ・クールジョン
訳 おかべ りか
- フレーベル館


夜。羽音が響く。yeah.gif


○おはなし
夜中。辺りに響く蚊の羽音。気になって眠れなくなる少年。どんどんご馳走をいただいていく蚊。蚊と少年の一晩の戦い。さて勝負の行方は?
○KABA
 大げさなタイトルだけど、こんな夜を経験したことのある人って多いのでは?

子どもたちの日常を、鋭い視線でユーモラスに描く

というより、誰でも当てはまる日常をって感じかな。
 次男クンは蚊に刺される率が高い。体温が高いのか?おいしい血の持ち主なのか?家族みんなが揃ったところで、一人かゆい-かゆい-って叫んでいることもしばしばあります。だもんで、やっと梅雨入りしたこの時期からかゆみ止めとお友達です。
 話は変わりますが、蚊に刺されて一番我慢が出来ないところってどこですか?KABAは足の裏です。掻いてもなんだかすっきりしない。かゆみ止めをぬっったら歩きにくい。厄介な場所だと思ってます。で、ここを刺されるのって、寝ている間が多いんですよね。もう。
 
 この絵本、長男クン次男クン共にはまったみたい。蚊を捕まえようと必死の少年の気持ちでいるのかなっと思いきや、どちらかと言うと蚊の方に感情移入しているみたい。少年の裏をかいて逃げ続けるしぶとい蚊の動きにワクワクしていました。
 読み聞かせた後も手にとり読んでいましたが、しっかり見ていたのは、蚊の飛行線が描かれたページ。最近迷路の本にはまっていたせいか、AからBまでたどっていました。クルクルまわっているので、一筆ですが結構難しい。で、これ、一筆書きの人の形にもなってるんですね。
 
 少年と蚊の戦いが盛り上がってくると、文章が小気味のいい七五調になって、読み聞かせていると、調子にのって早口になり(いかんいかん私が先に興奮してどうすんのっ)て言い聞かせながら読み聞かせていました。
 この絵本の訳者はおかべりかさん。表紙カバーの折り返しにこの訳者の言葉が載ってます。その内容が、ストンとKABAの心に落ちてきた。うんうんそうだね。私もそう思うって、納得しちゃいました。


*リンクな絵本やグッズたち*
この絵本に関連するものや、タイトルをキーワードに他の絵本を紹介します。
 
*キーワードで探しましょ♪「蚊」の絵本たち*
「蚊と うし」「蚊のフレデリック」
「ドラキュラのうた」NHKみんなのうたで流れていた、蚊のうたです。♪ドラドラキュキュ ドラドラー♪が耳を離れなくなります。
「ちびっかぶーん」おかあさんといっしょで流れていたうたです。やさしすぎて血を吸うことの出来ない蚊の物語です。





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabakaba.blog10.fc2.com/tb.php/70-20ae66ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

KABA

ブログランキング

気に入ってもらえたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ブログランキング


絵本紹介ブログが集まってますよ。

ブログ内検索

五十音順で探す(あ~た行)
五十音順で探す(な~ん行)
季節で探す
テーマで探す(家族・友達・動物・虫・お化け など)
テーマで探す(その他)

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたは何人目?

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。